大山皮膚科

ほくろ除去の治療は足立区五反野駅から徒歩1分の大山皮膚科

診療時間:月 9:30~13:00(※12:30) 15:00~19:00
火・金 9:30~12:30 15:00~19:00
15:00~19:00
9:30~12:30 15:00~16:30
休診日 水曜日・日曜日・祝日

※月曜日の受付は12:30までです。

大山皮膚科TOP > お悩み別外来 > 鼻のほくろ除去(鼻脇も含む)

お悩み別外来

ホクロ治療鼻のほくろ除去(鼻脇も含む)

ダイオードレーザーによるほくろ除去は麻酔不要、テープ不要そしてノーダウンタイム(少ない)が特徴です。
鼻のほくろ除去はダイオードレーザーの得意部位で、よく他院で切って取るしかないとか、CO2レーザーでは無理と言われた大きいほくろ除去にも対応可能です。
日本中でほくろ除去にはCO2(炭酸ガス)レーザーを使用していますが、鼻の麻酔注射は特に痛いです。
もちろんダイオードレーザーも痛みはありますが、秒単位の施術なので許容範囲内です。痛みに弱い方にはお勧めします。

ほくろ取りは大山皮膚科におまかせください。

ケース 1

鼻脇の大きなほくろです。三角型のおむすびのような形をしていて、毛穴が凹んでいるように見えます。

鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

ダーモスコピーで見ると、凹んだ毛穴から毛が認められます。
毛穴に沿って環状の色素沈着があり、均等な配列で並んでいます。
ホクロの細胞がメラニンを多く含んでいる事を示しているのです。
細い血管の走行も見られます。
Miescher型の色素性母斑(ほくろ)の典型例です。

鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

初心から4ヶ月後(3回施術)で、初診時と比較しました。赤く瘢痕収縮していますが、仕上がりはいいと思います。
時間の経過で瘢痕の色はとれていくのが通常の経過です。その後来院せず。

価格;55000円
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

ケース2
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

鼻翼(びよく)に見られた半球状、皮膚色の結節。色がないホクロも時々見られ、表面に細い血管も認められます。
これもMiescher型の色素性母斑(ほくろ)で、fibrous papule of the nose(※)との鑑別も重要です。
色のないホクロは子供の頃は平らですが、青年期に次第に隆起し、成人になって半球状となって完成します。その後古くなると色素が抜けていくのです。

(※)皮フ腫瘍の一種

価格;33000円
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

ケース3
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

鼻に多数のホクロが見られます。こういうケースもよくありますね。
小鼻周囲や鼻尖(鼻のてっぺん)は凹みやすい部位です。
この症例も跡形もなく除去できました。
この多数のホクロをCO2レーザーで施術する時は、各々麻酔注射するわけですから相当な痛みを伴いますね。

価格;143000円(8個で)
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

ケース4
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

大小の茶褐色のほくろ。見るからに浅い感じがします。
原則的には皮膚の表皮にメラニンがある場合にこの色を呈すると言われていますが、実際にはもう少し深い層にわたっていることが多いのです。
良い仕上がりになったと思います。

価格;38500円(大きいもの)
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

ケース5
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

これも良くあるほくろです。ダイオードレーザーによりキレイな仕上がりです。

価格;33000円
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

ケース6
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

中心から鼻翼にかけて大きなほくろが2個認められます。
毛穴がハッキリ見られ、その周囲を色素が取り囲んでいます。
これは毛穴の周囲の母斑細胞(ほくろの細胞)*がメラニンを多く含む点を反映した所見です。
これもMiescher型の色素性母斑(ほくろ)の典型例です。
少し凹んで白色瘢痕になっていますが、ホクロの大きさや跡になりやすい部位である事を考えれば、良い結果であると思います。
これをCO2レーザーで除去する場合、ここに麻酔をする訳ですからかなり痛みを伴います。

価格;77000円(2個で)
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

*母斑細胞(ぼはんさいぼう)

ケース7
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

双子のようなほくろです。あまり跡になりにくい部位と思います。

価格;44000円(2個で)
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

ケース8
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

大きいサイズから小さいサイズまで、サイズに関係なく除去できます。
このような端っこにあるほくろはへこみやすいです。

価格;22000円
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

ケース9
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

鼻翼下、鼻孔脇にある大きいほくろです。
特殊な部位にあり、大きさもあることから除去できても跡になるとしっかり話し、トライしました。
変形や凹みもほとんどなく、少しメラニンのかけらが残っていましたが、そこに照射し終了しました。(その後来院せず)
炭酸ガスレーザーでは厳しい部位と思われます。
どんな部位でも除去可能です。

価格;45000円
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

ケース10
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

ドーム状に隆起した色のない大きなほくろです。
よく見かけますね。
子供の頃にあった、平らで小さな色素のあるホクロが、成長とともに膨らみ、加齢とともに色素が抜けていくパターンです。
これもMiescher型の色素性母斑(ほくろ)です。
少し瘢痕になっていますが、悪くない結果と考えます。
これもダイオードレーザーが得意とする施術です。
炭酸ガスレーザーでこのサイズになると、施術できない方が多いです。

価格;45000円
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

 

ご覧のように数々の症例を経験しています。

インスタや文章のアピール力で宣伝しているクリニックが多数ありますが、大山皮膚科は技術で勝負しています。

ほくろ除去は大山皮膚科におまかせください。

ケース11 NEW!
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

これもよく見かけますね。
半球状に隆起し、表面にメラニン眼科点状に認められます。
毛の周囲の母斑細胞( ほくろの細胞)がメラニンを多く含んでいる所見です。

価格;44000円
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

 
ケース12 NEW!
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

鼻尖のすこし下にある赤いほくろ。
これもホクロの一種なのです。
この部位は凹みやすい場所の一つですが、なんとかクリアしました。

価格;27500円
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

 
ケース13 NEW!
鼻のほくろ除去のほくろ除去 症例

キレイに輝いているドーム状隆起のホクロ。
これもミーシャー型の母斑です。真皮内に深く入っています。
このようなほくろは古くなるとケース11のように、色素が全体に脱出していきます。

価格;44000円
リスク:浮腫、発赤、くぼみ、色素脱出等

 
このページの先頭へ