ニキビ跡、シミのレーザー治療なら足立区の大山皮膚科

赤ら顔・酒さでお悩みなら足立区の大山皮膚科へ。赤ら顔・酒さの治療実績多数。

診療時間:月 9:30~13:00(※12:30) 15:00~19:00
火・金 9:30~12:30 15:00~19:00
15:00~19:00
9:30~12:30 15:00~16:30
休診日 水曜日・日曜日・祝日

※月曜日の受付は12:30までです。

  • クリニック紹介
  • お悩み別外来
  • 料金案内
  • アクセスマップ
  • ドクターズコスメ

赤ら顔・酒さ お悩み別外来

赤ら顔・酒さ

ニキビ治療

赤ら顔について

赤ら顔は皮膚の毛細血管が拡張しそれが表皮を通して透けた状態です。
原因はDM、ホルモンのアンバランス等の基礎疾患がある場合と特に誘因がなく“体質”であるケースに分けられると思います。
赤ら顔の治療としてフォトフェイシャル(590)の進化版であるM22とダイレーザーがありますが、当院では次世代フォトフェイシャルのM22を使用しています。

以前使用していたフォトフェイシャル(ナチュライト)から最新型のM22にバージョンアップし、
臨床経験の積み重ねの結果、当院独自の設定を確立したのです。
そのため従来より好成績をあげています。

Vビームで改善しなかった赤ら顔にもトライできます。
またフラクショナルレーザー(1550)も応用可能です。
ダイレーザー(Vビーム)は強い痛みがあり、出血や施術後の炎症が強く、ダウンタイムが長いのです。

このページの先頭へ
赤ら顔 症例写真
治療前   治療後
<治療前>   <治療後>
治療前   治療後
<治療前>   <治療後>
 
治療前   治療後
<治療前>   <治療後>
 
治療前   治療後
<治療前>   <治療後>
[+拡大]
61歳、女性。
6カ月前から急にミケンと両ホホが赤くなり全く改善しないため来院。
鼻に赤みがないため厳密には“酒さ”とは言えないと思いましたが、
フォトフェイシャル590にて反応をみました。著効!!
このような“赤ら顔”にも効果があるのです。
治療前   治療後
<治療前>   <治療後>
[+拡大]
  
治療前   治療後
<治療前>   <治療後>
[+拡大]
このページの先頭へ
酒さの病因論

赤ら顔の原因の1つである酒さの新しい病因論

赤ら顔の病態の1つである酒さについての最新情報です
酒さは中高年にみられる慢性炎症性疾患の1つであり、病因は不明です。

増悪因子として理解されているのは 温熱、アルコール、日光照射であり、これらは毛細血管の拡張を増悪させます。
最近 酒さ患者の皮膚を調べてみると、抗菌ぺプチドとカセリサイディンとという2種類の蛋白が正常の皮膚に比べ 増加していました。
この抗菌ぺプチドはカリクレイン5という分解酵素によって、カセリサイディンからつくられます。
このカセリサイディンを分解するカリクレイン5の酵素活性を測定したところ、正常皮膚に比して 高い活性を有していました。
更にこの 抗菌ぺプチド のアミノ酸配列を分析した結果、正常の皮膚にある 抗菌ぺプチド とは質的に かなり異なることが判明しました。

そこで、この抗菌ぺプチドをマウス皮膚に注入すると、興味深いことに、酒さに似た症状が誘導されたのです 。

酒さ治療に新しい戦略が加わる可能性がでてきました。

料金×税

赤ら顔(byM22) ¥30,000(1回)
¥150,000(6回)
M22(フォトフェイシャルファースト)

<原理>
赤ら顔・酒さの治療にはM22(フォトフェイシャルファースト)を使用します。IPL という特殊な光で複数の色素に反応をおこし、シミや赤みなどの肌トラブルを同時に改善し、コラーゲンなどを作り出す線維芽細胞の働きを活性化させ、皮膚の内側から張りをもたらします。 フォトフェイシャルファーストは従来のフォトフェイシャルよりも細かい設定ができるため、赤ら顔・酒さに対してより細かな治療が可能です。

このページの先頭へ