ニキビ跡、シミのレーザー治療なら足立区の大山皮膚科

ooyamahifuka.com

診療時間:月 9:30~13:00(※12:30) 15:00~19:00
火・金 9:30~12:30 15:00~19:00
15:00~19:00
9:30~12:30 15:00~16:30
休診日 水曜日・日曜日・祝日

※月曜日の受付は12:30までです。

  • クリニック紹介
  • お悩み別外来
  • 料金案内
  • アクセスマップ
  • ドクターズコスメ

敏感肌・乾燥肌 お悩み別外来

敏感肌・乾燥肌

敏感肌の症状

敏感肌とは、少しのきっかけで肌トラブルを起こしやすい肌をいいます。
敏感肌の人の皮膚は、角質の水分保持能力が低下してしまっており、皮膚表面の皮脂膜が不十分で外部からの刺激に大変弱くなっています。
敏感肌は、セラミドという角質層の全脂質の40~60%を占める重要成分で、細胞にある細胞間脂質といわれる物質の一つが不足してしまっている状態で起こりやすくなります。
敏感肌はセラミドが不足した状態の肌なので、バリア機能が低下してしまい、ウイルスやアレルゲンが進入しやすく、また炎症を引き起こしやすい状態になり、ちょっとした刺激にも敏感に反応するようになってしまいます。
敏感肌はアレルギーなど遺伝的な体質が素因となっていることも多いようです。
アトピーなどのアレルギー体質の人の体は、刺激物質が角質層の内部に侵入すると過剰に免疫機能が働き、その防御反応として皮膚が炎症を起こします。
よって、普通の人なら反応しない物質や刺激や変化に対して、敏感肌の人は過敏に反応してしまう性質をもっています。 普通の人よりもかゆみやかぶれ、赤みなどの炎症症状もより現れやすい傾向があります。

このページの先頭へ

乾燥肌の症状

肌の表面には、角質層という細胞の層があり、その外側を皮脂がおおっています。
角質層が水分を保ち、皮脂が膜をつくって、肌の潤いを保っています。
また角質層は、外からの刺激を防ぐバリアとして働いています。
乾燥肌とは、角質層の水分が少なくなったり、皮脂の分泌が低下することにより、皮膚の表面が乾燥した状態をいいます。
白く粉をふいたり、かゆくなるのが乾燥肌の特徴です。

このページの先頭へ

治療方法

普段のお手入れの方法を説明させていただき、ぬり薬による外用療法をさせていただきます。
また、レーザーなどを併用する事により効果的に治療をする事もできます。

このページの先頭へ

料金

保険診療・自費診療
このページの先頭へ