ニキビ跡、シミのレーザー治療なら足立区の大山皮膚科

足立区のレーザー脱毛は次世代蓄熱式医療レーザー脱毛機を導入の大山皮膚科

診療時間:月 9:30~13:00(※12:30) 15:00~19:00
火・金 9:30~12:30 15:00~19:00
15:00~19:00
9:30~12:30 15:00~16:30
休診日 水曜日・日曜日・祝日

※月曜日の受付は12:30までです。

  • クリニック紹介
  • お悩み別外来
  • 料金案内
  • アクセスマップ
  • ドクターズコスメ

レーザー治療 お悩み別外来

蓄熱式医療レーザー脱毛アリーとは

これまでの医療レーザー脱毛器と違いメラニン色素ではなく毛包のバルジをターゲットにしている事そしてハンドピースに強力な冷却装置を搭載しているので、痛みや皮膚へのダメージを大幅に減らしました。
また、ハンドピースを肌の上を滑らせて照射するので短時間で終了させることができます。

次世代医療レーザー脱毛機器「アリー」は、波長808mmのダイオードレーザーです。
従来の脱毛レーザー機器 と比べ、脱毛後の肌のダメージ(毛の焦げや皮膚の赤みや浮腫)が少なくなったのが大きな特徴です。
アリーはソプラノアイスやメディオスター等の蓄熱式脱毛をうたっているレーザーと基本的にはほぼ同一です。

※アリーは韓国製でKFDA(韓国の厚生労働省)、CE(ヨーロッパの厚生労働省)の 認可を獲得しています。韓国では約200台使用されています。

蓄熱式医療レーザー脱毛アリー

最新のバルジ理論を採用

従来のレーザー脱毛器はメラニンに反応する波長のレーザーで毛(毛管)に強い熱を加え、毛の根元にあり、毛の成長のもとと考えられていた毛母細胞を破壊することで脱毛を行っていました。
最近の研究で、毛の浅い部分にあるバルジ領域(皮脂腺の近く)という所に発毛を指令する細胞(毛包幹細胞)があることが分かりました。そして、このバルジ領域は、高熱を加えなくても、比較的弱い熱を繰り返し加えることで破壊できることも分かってきました。
アリーは皮膚の上を滑らせながら連続照射するという技術を使って、このバルジ領域を破壊し脱毛します。
これにより、必要最低限の温度で痛みを抑えながら、より効果の高い脱毛ができるのです。

バルジ領域

蓄熱式医療レーザー脱毛アリーの特徴

1.スピーディーでより安全に施術が可能
蓄熱式脱毛の特徴として素早く皮膚面を滑らせながら連続照射し(照射速度が速い)、広範囲をじわじわと温めてバルジにダメージを与える方法なので、これまでの方法よりもやけど毛のう炎のリスクが軽減されています。

2.毛周期に関係なく脱毛が可能
これまでの脱毛方法はメラニンを介して毛乳頭や毛根をしっかり熱照射して破壊するものでした。
従ってしっかり毛根まで生えている成長期の毛のみに効果があったわけです。
しかし蓄熱式の場合メラニンを介した毛乳頭や毛根をターゲットにする脱毛法ではないので毛周期に関係なく脱毛ができるようになりました。

3.少ない痛み
従来の脱毛レーザーは皮膚温が約60℃~70℃位の高熱に達しているため人によってはかなりの痛みとなっていました。
蓄熱式の脱毛はターゲットが浅いバルジ領域なので、50℃前後での脱毛となるため、これまでの方法よりも痛みをかなり抑える事ができます。
更にハンドピース先端にマイナス2度の冷却装置が搭載されているのでより安全に、より痛みを少なく施術できます。

施術の流れ

  • 照射部位のチェック
  • ジェルを塗ります。
  • 低フルエンス連続照射
  • ジェルのふき取り

こんな方にお勧めです

  • 痛いのが苦手な方
  • ムラのない脱毛をしたい方
  • エステ脱毛で効果を感じなかった方
  • 施術後のダウンタイムが気になる方
  • 忙しくてあまり時間をかけたくない方
  • 自己処理でお肌にトラブルがある方

※蓄熱式脱毛アリーの注意点

  • 蓄熱式は一般的に「うぶ毛」まで可能というメーカーもありますが、うぶ毛はむずかしいのです。
  • バルジ理論に則り従来のレーザー脱毛に比べて痛みは軽減されていますが、痛みの感じ方には個人差があり、施術する部位や毛髪量によっては痛みを感じる場合もあります。
  • 蓄熱式は一般に肌の色には関係なく施術可能とうたっていますが、日焼けした直後 の皮膚や、炎症が強いような場合には照射できません。
  • 施術は1ヶ月ごとに6~8回となりますが、必要回数には個人差があります。
  • 施術後はサンスクリーン等で紫外線を可能な限り避けてください。
  • 施述部位によっては稀に硬毛化するおそれがあります。(うなじ、上腕、背中等)
  • ヤケドのリスクはあります。(どんなレーザーでもあります)

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違い

医療機関の脱毛

  • レーザーの出力が強く短期間での脱毛が可能
  • 蓄熱式最新冷却装置により痛みを最小限に
  • 6~8回程度の通院、短期間のため比較的安価
  • 医師や看護師がアフターケア
  • 医療機関以外でのレーザーによる永久脱毛行為は認められていません。

エステの脱毛

  • 何の資格がなくても施術ができる
  • エステの脱毛は光脱毛という出力が弱い機械を使用
  • そのため「一時的な減毛」しかできない
  • したがって効果が弱く1,2年かかってもまだ生えてくる
  • 肌トラブルに専門知識がないため対応できない

料金×税

両脇 1回 ¥5,000
ヒジ下 1回 ¥20,000(2回目以降¥10,000)
ヒジ上 1回 ¥20,000(2回目以降¥10,000)
ひざ下 1回 ¥20,000
Vライン 1回 ¥10,000

その他の部位はお問合せください。

このページの先頭へ