ニキビ跡、シミのレーザー治療なら足立区の大山皮膚科

背中ニキビの治療、治し方、ケアなら足立区の大山皮膚科へご相談ください

診療時間:月・火・水 9:30-19:00
木・金 15:00-19:00
土曜日 9:30-16:30
休診日:日曜日・祝日

  • クリニック紹介
  • お悩み別外来
  • 料金案内
  • アクセスマップ
  • ドクターズコスメ

背中ニキビ跡 お悩み別外来

背中ニキビ跡の治療

ニキビ治療

クリニックにおける施術

  • ビタミンHの注射(保険適用)
  • ホルモン療法

背中ニキビ、背中ニキビ跡、赤み

背中ニキビ、背中ニキビ跡、赤みに効果があるものが顔ニキビに比べ少ないのですが、当院ではレーザー治療(2種類)とホルモン治療の2つの選択肢 を用意しています。

ダイオードレーザー(810)が何故にきびに効くのか?
  • ①皮脂腺に吸収される810ナノメーターという波長なので、皮脂腺を変性・破壊する。
    →皮脂も適度に減少
  • ②レーザーが皮膚の中に入ると熱に変わるので、その熱作用によりにきび菌を殺菌する。
    →炎症の軽減
  • ③皮膚の中で熱による軽い熱損傷がおき、その後の損傷が治る過程でのコラーゲン等の再生。
    これを組織のリモデリングといっています。
    →毛穴の引き締まりも実感
  • ④照射翌日以降に実感できるのが、盛り上がったにきびが平らになることです。
    それとともににきびの赤みも徐々にひいていきます。
    つまり現在のところまだ分かっていないメカニズムなのですが、レーザー光による炎症の改善があることは間違いないと思います。
  • ⑤ニキビ跡への効果は回数が必要です。

症例はこちら

このページの先頭へ
フラクショナルレーザー(1550)

かねてからニキビに著効ということでしたが本当です。
すんなり効いてしまう場合もあれば、照射1、2週間後に一時的増悪を経て、それから平らになるという場合もあります。 フラクショナルレーザーは基本的にニキビ跡に効くものであり、炎症性ニキビには適応がないとされてきました。当院のフラクショナル1550はフラクセルIIの改良版で同じ波長でありながら、それらを同時に治療することを可能にしました。
いずれにせよ、炎症性にきびand ニキビ跡両方に対する治療ツールとしては今現在、最強のレーザーと言って過言ではないでしょう。

施術前   施術後
<施術前>   <施術後>

43歳、女性。 
フラクショナルレーザー(1550)の1回照射2ヶ月後の写真です。 ドラスティックに効きました。
詳細はニキビ跡治療へ>>

このページの先頭へ
ダイオードレーザー(1450)

アメリカでニキビ治療に唯一公認されているレーザーで水に吸収され、真皮の浅い部分に熱変性を起こします(700μmまで)

(上下が皮膚の厚みを表す。つまり一番上が表面。赤い部分ほど温度が高く、40℃以上になるとコラーゲンの変性が起こります。)
作用機序としてフラクショナルレーザー1550のように深部まで届きませんが、浅い部分つまり ニキビの元凶である毛の組織の上の部分を変性、破壊させニキビそのものをなくしてしまうものです。もちろんニキビ菌も殺菌します。
再発率が低いのも定評があります。

  • 背中ニキビ、背中ニキビ跡
     

    よく問い合わせがある背中ニキビの治療にも、このダイオードレーザー(1450)が効果的であるのもポイントの一つです。
    背中ニキビ跡に対しては真皮組織中の水分にレーザー光が吸収され、生じた熱エネルギーによりコラーゲンのリモデリング(再構築)が起こり改善される訳です。

    治療前   治療後
    <治療前>   <治療後>

    フラクショナルレーザー1550も背中ニキビにかなり効果的です。針状にレーザー光を照射し、その周囲の正常皮膚を意図的に残して創傷治癒機転を働かせるわけです。
    通常の面照射のレーザー照射と異なるためか、あるいは深部にまでレーザー光が届くためか、かなり反応が良いのです。
    今、背中ニキビ、背中ニキビ跡に最もお勧めのレーザー治療です。
    ホルモン治療はレーザー治療に反応しない場合あるいは重症度が高い人に適応があります。単にピルを内服させるものではなく、男性ホルモンの受容体に結合させてホルモン作用を活性化させない特殊な薬を使用します。

    背中ニキビ(跡)は難治例が多いため、施術回数は数回必要となります。

    料金;(背中ニキビ、背中ニキビ跡)
    31,500円~63,000円(1回)重症度、範囲によります。

このページの先頭へ
近赤外線療法(保険適用)

光源に特殊仕様のスーパーアイオダインランプを使用し、最先端オプト(光)エレクトロニクス技術を駆使して開発された最新の光線治療器です。
波長は 600~1600ナノメーターでフォトフェイシャル(560~1200)と微妙に異なる波長帯で、アメリカFDAでにきび治療のレーザーとして認可されているスムースビームより効果があると専門医の間で話題になっています。
昨年夏、あるにきび専門医から今話題?のスムースビームよりも近赤外線療法の方が良く効くと教えられ、試用期間を経て採用しました。かなり効きます。

このページの先頭へ
フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは一部赤みの強いにきびには効果がありますが、基本的にはにきびそのものには効果がありません。
フォトフェイシャルはメラニンやヘモグロビンの色素系の疾患や美肌作りがメインなのです。

このページの先頭へ